FC2ブログ

NEKO LOG

ウチのネコが「癌」になってしまいました

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

11月も今日で終わり -11月30日-

明日からは~師走~12月です。クロスケの病気がわかった時は毎日猛暑日の残暑厳しい夏でした。今はもう街中がクリスマス一色に染まっています。あれから3ヵ月半が経ちました。先月までは1週間後の命を心配していたのに、今は3週間後のクリスマスを待ち遠しく思っているなんて信じられない気持ちでいっぱいです。今日は雨模様でクロスケの元気がありません。明日は天気になってクロスケも元気になって欲しいです。


11月30日(金) 2.80kg(午前補液前)
※補液のせいか増えてる!!

今日は午後になって元気がなくなってしまいました。天気が悪いせいならいいけど、補液注射の仕方に問題があったのかと少し心配になってしまいます。ただ、嘔吐はあったものの少量で、夕方の給餌は吐かずに全部飲めたので、たぶん大丈夫だと思います。夕方からはベッドに思う存分こもらせてあげることにしました。自分でクロドームをしっかり掘って、丸くなっているので、とりあえずはひと安心です。

-食事記録-
ジェル:約159kcal+ミルク:約29.4Kcal+d.b.f:約24Kcal=約212.4Kcal
水:125cc+ミルク:約35.7cc+d.b.f:約25.2cc+ジェル:約4.2cc=約190.1cc
皮下注射:補液50cc


■昨夜就寝前にマッサージチェアに座っていたクロスケにおやすみの挨拶をオーバーアクションでしたら、驚いたのか目をまん丸にして「ニャー、ニャー」と鳴いた。きっと車に乗せられるのと同じくらい恐怖で怯えてしまったのかも。でも、最近時々鳴き声を発するようになってきたのは、喜ばしい気がする。

02;30 人間が就寝してしばらくすると暖房を切ったリビングが寒いのか「ドサッ」という大きな物音。クロスケがマッサージチェアから飛び降りた(というか飛び落ちた?)音だ。私たちの寝ている間に入ろうと枕元で頭を突っ込もうとしている。気が付いて布団を開けてやるとすっと入って来て「川」の字で就寝。クロスケあったかい~~。

08:30 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f5cc ○ 温水20cc ○
[小]有り(仮設トイレ)
■マッサージ数分後、すぐに寝室→仮設トイレ→ベッド

10:00 補液(皮下注射)50cc
■今日は始めから二人体制で臨む。一発で決まった。私は針を刺してクロスケと針をしっかり押さえる係り。夫は注入(力仕事)係り。この方が安心だし早い気がする。補液が終わるとそそくさと寝室に向かい、入りたそうに鼻先を寝室の扉にくっつけているので仕方なく開けてやるとベッドへ直行。

11:30 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f5cc ○ 温水20cc ○
■寝室のベッドに直行してしまうので、リビングに連れ出しマッサージチェアに乗せる。素直に従う。

14:10 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f5cc ○ 温水20cc ○
■マッサージ5分。ひと声鳴いてマッサージチェアの下に潜る。

15:00 マッサージチェアの下から動かないので、抱いて上に上げるといきなり嘔吐(少量)。チェアの下には多量の唾液(粘性の少ない)ヨダレ。気持ちが悪かったのだろうか。

16:00 温水10cc追加。吐き気があり(何も出ない)かなり抵抗される。5ccで中止左目が少ししか開かない

17:30 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f5cc ○ 温水20cc ○
[小]有り(仮設トイレ)
■マッサージ5分。寝室へ入る→仮設トイレ→ベッドへ。心配したが、飲み込みなどは問題なさそうで、嘔吐もなし。左目も少し開いた。

20:15 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f5cc ○ 温水20cc ○
■やはり左目が少ししか開かないようだ。すぐに寝室へ向かうが足取りがフラフラしている。仮設トイレの前で座っていたが振り返って私の方を向くのでそのままリビングへ連れて行く。マッサージチェアに乗せていっしょに横になる。

23:15 ジェルミルク(5:7)12cc ○ d.b.f6cc ※最後の1ccも追加 ○ 温水20cc ○
[小]有り(少量/仮設トイレ)
■左目が開かないのは目の周囲の皮膚や毛が乾いて固まってしまっているためのようなので濡れタオルで念入りに拭き洗いをしてみる。たぶん大丈夫だろう。寝室へ行く前に体重を計ると2.85kg。水分が少しずつ吸収されているのかもしれない。順調に増えるといいな。今日もよく頑張ってくれたね、ゆっくりおやすみ。
スポンサーサイト
| コメント:2 | トラックバック:0 |
<<飲み込みづらくなった? -12月01日- | HOME | 自宅での皮下注射1日目 -11月29日->>

この記事のコメント

こんばんは。

niyacatさん>注射、慣れるまでは大変かもしれません。お疲れ様です。
私もみゃんの経鼻チューブでの強制給餌でさえ、毎回怖々でしてました。
日中はどうしても一人でしなくてはならないので、どうにかおとなしく、もがかないで~と祈りながら、時には安心させるような歌を歌いながらシリンジを押してました。
獣医さんでさえ、看護士さんに補助を頼みながらされているのに、私一人なんかで大丈夫なわけないや~んv-404って感じです。
お天気があまりよくなかったせいか、ちょっと元気はなかったのですねv-390
でも、クロスケちゃんがniyacatさんに甘えたり、泣いたりする様子に少し安心するupaです。
頑張れv-364、クロスケちゃんv-344
2007-12-01 Sat 00:40 | URL | upa #gNnkM7O2[ 編集]
色:FF99FF]]upaさん こんばんは[/色]

そうなんです。考えてみれば病院では飼い主が頭を持って、看護師さんと先生と・・・3人がかり(もちろん先生はお一人でもできるのでしょうが)。
それを素人が一人でやろうとしても難しいですよね~。

でもupaさんは経鼻チューブでの強制給餌を日中お一人のときはやられていたなんて、本当に頭が下がります。

今はなんとか夫の助けを借りて二人でやっていますが、時には一人でやらなければいけない場面も出て来ると思うので、その時は覚悟を決めて、頑張ります^^;

クロスケ、ちゃんと協力してよ~~(=^.^=)
2007-12-02 Sun 00:15 | URL | niyacat #RpHWArpQ[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。